未分類」カテゴリーアーカイブ

4月23日の大國魂神社

4月23日の大國魂神社の様子です。
枝垂桜は、すっかり花はなくなり、葉桜となっています。
そろそろ、「くらやみ祭」の準備が始まりました。
石燈籠、狛犬、などに、安全のためのガードが取り付けられています。
監視用のやぐらや桟敷席の設置が行われています。

 

大國魂神社の枝垂桜(2019年4月9日)

大國魂神社の隨神門と中雀門との間にある枝垂れ桜の4月9日の状況です。

 

河津桜(京王線武蔵野台駅北口)

武蔵野台駅北口に咲く1本の河津桜撮影日 2019.3.16

武蔵野台駅北口に咲く1本の河津桜撮影日 2019.3.16

河津桜とは、静岡県賀茂郡河津町で毎年3月上旬に満開になるピンク色の桜です。

大國魂神社の枝垂桜など開花

大國魂神社の枝垂桜などが咲き始めました。隨神門と中雀門の間の有名な枝垂れ桜をはじめ、大鳥居横の桜、手水舎横の桜、公孫樹の御神木と御神馬舎との間の桜、などの桜の写真です。(2019年3月26日撮影)

(おまけ)次は、山中湖からの富士山の写真です。(2019年3月22日撮影)

大とり神社

 

おおとり神社リニューアル

リンク

2018年10月末に、11月1日からの酉の市に合わせて、大鷲神社がリニューアルされて、すっきりとなりました。大國魂神社に参拝されたときには、是非ご参拝ください。

鳴門市と第九

鳴門市と「第九」は関係があるようですね。知りませんでした。

1918年6月1日。徳島県鳴門市にある板東俘虜(ふりょ)収容所でドイツ兵捕虜によって、ベートーヴェン「第九」交響曲がアジアで初めて全曲演奏されました。

初演の背景には、収容所所長である松江豊寿をはじめとする、職員の捕虜に対する人道的な処遇や、捕虜と地元民との国境を越えた心温まる交流など、まさに「第九」が持つ人類愛の精神を体現した史実がありました。・・・ 鳴門市ホームページより

https://www.city.naruto.tokushima.jp/contents/daiku/